そろそろ塗り替えの時期かも…屋根塗装は何年後がベスト?|岡山県で外壁・屋根の塗装工事をお探しなら塗替工房

Blog
ブログ

屋根塗装について

そろそろ塗り替えの時期かも…屋根塗装は何年後がベスト?

この記事では、屋根塗装の塗り替えをするべき時期について解説します。

屋根の健康状態を保つためにも、屋根の塗り替えは定期的に行なうことが望ましいです。

しかし、「だいたい何年目くらいに行なうべきなんだろう?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、屋根の種類別の塗り替え時期や、塗り替え時期をなるべく長くする方法についてもお話しします。

屋根の塗り替えにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

10年を超えていたら塗り替えをすべき時期



屋根の塗り替えをすべき時期の目安は、10年 です。

屋根塗装の多くは10年以上たつと、見た目や機能性も大きく損なわれた状態になります。

ただし10年というのは、あくまで大まかな目安です、

屋根の状況やまわりの環境によっては、5~6年ほどで塗り替えをするべきケースや、20年以上しなくても良いケースもあります。

塗り替え時期は屋根の耐用年数によっても左右される


屋根の塗り替えをすべき時期は、 屋根の耐用年数によっても左右されます

塗装を行なう屋根自体が寿命を迎えたら、新しい屋根と交換する必要があり、そのときに塗装も同時に行なうからです。

屋根の耐用年数は、屋根の種類によって大きく異なります。

屋根の種類による塗り替え時期の目安



一般的な住宅に使われている屋根は、主に下記の5種類があります。

  • 化粧スレート屋根
  • セメント瓦・モニエル瓦屋根
  • トタン屋根
  • ガルバリウム屋根
  • 粘土系瓦屋根

それぞれの耐用年数と塗装の塗り替え時期について解説 します。

化粧スレート屋根

耐用年数

塗り替え時期の目安

20年~25年

5~10年


化粧スレート屋根の耐用年数は20年~25年と比較的頑丈なのですが、主成分にセメントが含まれているため、吸水しやすいという特徴があります。

塗装の防水効果がなくなると、雨水を吸い込んで劣化スピードが早まるため、 5~10年ほどのスパン で塗り替えを行うのが望ましいです。

セメント瓦・コンクリート瓦屋根

耐用年数

塗り替え時期の目安

30年~35年

7~10年


セメント瓦・コンクリート瓦の耐用年数は、約30年~40年とかなり長持ちします。

しかし化粧スレート屋根と同様、水を吸い込みやすい性質なので、 塗り替え時期の目安は7年~10年ほど と短めです。


トタン屋根

耐用年数

塗り替え時期の目安

10年~20年

7~8年


トタン屋根の耐用年数は、10年~20年ほどと短めです。

金属製なので、塗装による防水効果が薄まるとサビついてしまい、寿命がさらに短くなってしまいます。

そのため、塗装の防水効果がなくなる前の段階で塗り替えをするのが望ましいとされ、 塗り替え時期の目安は7~8年ほど となります。

ガルバリウム屋根

耐用年数

塗り替え時期の目安

30年~40年

15年ほど


ガルバリウム屋根は、耐用年数がほかの屋根と比べてもかなり長く、サビにくい性質を持っているため、 塗り替え時期も約15年 と長めです。

とはいえ、全くサビないわけではないので、海沿いなどの塩害が気になる地域にお住まいの方は、10年ほどでいちど業者にメンテナンスしてもらうことをおすすめします。

粘土瓦屋根

耐用年数

塗り替え時期の目安

50年~

塗り替えの必要なし


粘土瓦屋根は、基本的に塗り替えをする必要がありません。

そもそも塗装されていない場合がほとんどだからです。

粘土瓦屋根は耐久性が非常に高く、雨水が染みない性質のため、塗装を行う必要性が基本的にないのです。

屋根が劣化していたら塗り替え時期



10年、15年といった大まかな年数の目安はあるものの、周辺の環境によっては、目安年数より早く塗装が劣化する場合があります。

屋根の塗装が劣化していると分かる状態 であるならば、年数を気にせずに塗り替えをするべきです。

塗り替えをするべきな塗装の劣化状態は、主に以下のようなものがあげられます。

  • 塗膜が剥がれてきている
  • 塗膜にヒビ割れがある
  • 屋根がサビついている
  • コケや藻が生えている
  • 雨漏りしている

これらの劣化症状が出ている場合は、屋根塗装の防水機能が著しく低下していることが予想されます。

屋根だけでなく、建物そのものの寿命を縮める要因になりえるので、早急に塗装業者に相談することをおすすめします。

屋根塗装の塗り替え時期をなるべく長くする方法


ここでは、 屋根塗装の塗り替え時期をなるべく長くする方法を、2つ紹介 します。

耐久性に優れた塗料で塗り替えを行なう


塗り替えの際に、 耐久性に優れた塗料で塗装を行えば 、塗り替え時期のスパンを長くできます。

屋根に使用する塗料の中には、15年以上もの耐久年数を誇る、頑丈な塗料も存在するのです。

耐久性に優れた塗料は、主に以下のようなものが挙げられます。

  • ピュアアクリル塗料
  • フッ素系塗料
  • 無機塗料

塗り替え時期をなるべく長くしたいなら、こういった高耐久塗料を使用して施工できないか、塗装業者に相談してみましょう。

ただし、ウレタン系塗料やシリコン系塗料といったコストの安い塗料と比べると、料金が1.3倍~2倍ほどかかります。

業者に相談する際は、塗料ごとの料金例が記された見積もりをもらえないか確認してみてください。

丁寧な施工を売りにしている業者に塗り替えを依頼する


塗装の寿命を伸ばしたいのであれば、丁寧な施工を売りにしている業者に作業を依頼しましょう。  

屋根塗装の塗り替え時期は、 施工する業者の腕によっても左右されます

雑な仕事をする職人に任せてしまうと、塗装において大事な下地処理行程をおろそかにされてしまい、塗装の寿命が短くなる恐れがあるのです。

ホームページや口コミサイトで情報を集めて、丁寧な仕事をする業者を見つけておきましょう。
     

まとめ


屋根塗装の塗り替え時期は10年ほどを目安にすのが基本となっていますが、屋根の状況によってはその限りではありません。

屋根の種類によっては7年ほどで塗り替えをしなければならない場合もありますし、明らかに劣化しているなら、年数に関係なく早急に塗り替えをすべきです。

塗り替えをする際は、より長持ちさせるためにも、丁寧な施工を売りにしている業者に依頼しましょう。

もし塗装業者選びにお悩みでしたら、ぜひ岡山県倉敷市の塗替工房をご検討ください。

豊富な知識と経験を持つ塗装のスペシャリストが、 屋根の症状を丁寧に診断し、お客さまの要望に沿った最適な塗り替えプランをご提案いたします

recommend
あなたへのおすすめ

初めての塗替え…塗装の適正価格や注意点とは?

屋根塗装の種類・カバー工法との違い

屋根も塗り替えるべき?劣化のサインについて