屋根も塗り替えるべき?劣化のサインについて|岡山県で外壁・屋根の塗装工事をお探しなら塗替工房

Blog
ブログ

屋根塗装について

屋根も塗り替えるべき?劣化のサインについて

屋根の痛みが目に見えて分かるようになると、「そろそろ塗り替えをするべき?」と不安になりますね。

しかし、屋根が傷んできてはいるものの、本当に塗り替えが必要な状態なのか、的確に判断できる人はそう多くないでしょう。

そこで今回は、屋根の塗り替えを行なうべき劣化のサインについて紹介します。

劣化サインを見つけるタイミングや、自分で劣化症状を確認する方法についても合わせて解説するので、屋根の塗り替えを検討中の方はぜひ参考にしてください。

屋根を塗り替えるべき4つの劣化サイン



屋根は色あせたり、カビが生えたりと、年数がたつとさまざまな劣化症状があらわれてくるようになります。

その中でも、 特に塗り替えが推奨される劣化のサインは、以下の4つです。

  • カビ・コケ・藻が生えている
  • 塗装が剥がれている
  • 屋根にサビつきがある
  • 雨漏りしている

それぞれについて解説します。

カビ・コケ・藻が生えている


屋根にカビ・コケ・藻が生えている ようでしたら、劣化のサインです。

塗装の防水効果がなくなっている証拠で、放っておくと屋根の耐久性を低下させて、雨漏りまで発生する恐れがあります。

塗り替えを行い、防水機能を復活させましょう。

塗装が剥がれている


塗装がところどころ剥がれている のであれば、塗装が劣化しているサインです。

塗装は経年劣化によって、塗膜が剝がれやすくなります。

また、塗装の剥がれは、塗装時の下地処理が甘かったことが原因となっている可能性もあります。

下地処理を丁寧に行なう、信頼できる塗装業者へ塗り替えを依頼しましょう。

屋根にサビつきがある


屋根がサビついている なら、劣化している証拠です。

塗装の防水効果が低下すると、トタン屋根などの金属製屋根はサビつきが発生します。

サビはどんどんまわりまで浸食するため、放っておくと、屋根に穴をあけてしまう恐れがあります。

早急に塗り替えを検討すべき症状です。

雨漏りしている


雨漏りが発生している ときは、かなり危険な状態です。

塗装の防水効果がほとんどなくなっており、屋根材に深刻なダメージが生じている可能性が高いです。

塗り替えでカバーできることもありますが、屋根の傷み具合によっては、葺き替え工事(屋根の交換)が必要になります。

【補足】屋根の色あせはまだ大丈夫


どんなにすぐれた塗装でも、年数がたつといつかは色あせてきます。

色あせは、劣化の初期段階の症状であり、 基本的にまだ塗り替えをする必要はありません

とはいえ、劣化が始まっているのは間違いないため、いちど塗装業者に症状を確認してもらうことをおすすめします。

屋根の劣化サインを見つけるタイミング



屋根の劣化サインは、 どういったタイミングで確認すべきなのか、その代表的な例を紹介 します。

大雪が降ったあと


厳しい寒さが続いて 大雪が降ったあと は、屋根の点検をすべきタイミングです。

雪が屋根に積もると、数十kg以上もの負荷が屋根に長時間のしかかるようになるため、何らかの不具合が生じる恐れがあります。

台風が通ったあと


台風が通ったあと は、屋根に何らかの不具合が生じてないかチェックしておきましょう。

強風によって屋根材の一部が剥がれたり、大量の雨が降り続いて雨漏りしたりと、屋根にさまざまな不具合が生じている可能性があります。

3年に一度


定期的に点検するタイミングを決めておくのも、有効な手段です。

とはいえ、何度も頻繁にチェックするのは手間がかかりますし、点検のスパンが長すぎても、不具合を見つけるのが遅くて手遅れになる場合もあります。

3年に一度 程度であれば、負担も少ないですし、劣化の進行も初期段階で見つけやすいでしょう。

また、塗装業者の中には、定期的なメンテナンスの提案をしてくれるところもあるので、塗装工事をした際に相談してみるのも良いでしょう。

屋根の劣化サインを自分で確認する方法



屋根の劣化サインを見つけることが大切だと分かっていても、高い位置にある屋根の状態を、自分でどうやって確認すればいいのか悩むものです。

ここでは、 屋根の劣化サインを自分で確認する方法について紹介 します。

屋根裏で不具合がないかチェックする


屋根裏に入れるのであれば、 屋根裏から天井を見て確認するのが有効 です。

湿っていたり、雨水のシミがあったりしないかなど、雨漏りが発生していないか確認してみましょう。

下屋の劣化状態を確認する


2階建て以上にお住まいの方は、下屋を確認してみるのも有効な手段です。

下屋(げや)というのは、住宅の一階部分に取り付けられた屋根のことです。

下屋に使用されている塗装はほとんどの場合、家の天井部分の屋根と同じものなので、 下屋をみれば屋根の大まかな劣化症状の予測ができます

屋根にのぼって確認するのは絶対NG


屋根にのぼって劣化症状を確認するのは絶対にやめてください。

屋根の上は、雨水や雪、ホコリ、コケや藻などがたまっている場所であり、想像以上に滑りやすいです。

どれだけ腕のある塗装職人でも、屋根の状態を確認する際は転落する恐れがあるため、 必ず安全対策を万全にしてから臨みます

非常に危険なので屋根にのぼったりはせず、塗装業者にお任せしてください。

まとめ


屋根の劣化サインにいち早く気付くことができれば、劣化の進行を初期の段階で抑えられます。

今の家にできる限り長く住みたいのであれば、屋根の状態を定期的にチェックして、適切なタイミングで塗り替えを行なうようにしましょう。

「そろそろ塗り替えどきかな?」と思ったら、ぜひ岡山県倉敷市の「塗替工房」へいちどご相談ください。
塗替工房では屋根に負担をかけない、ドローン点検も行なっております。

国家資格を所持している塗装のプロフェッショナル が、屋根の劣化症状を丁寧に診断し、お客さまに最適な塗装プランをご提案します。

お見積もりだけのご相談でも、もちろん大丈夫です。お気軽にお問い合わせください。


recommend
あなたへのおすすめ

おしゃれな外壁の家で暮らしたい!失敗しない色選びのコツ

外壁が劣化してしまう理由とは?原因と対策を詳しく解説

屋根塗装の種類・カバー工法との違い